IPフォンを知ってコスト削減に役立てよう!/Office Equipments
HOME>特集>IPフォンを知ってコスト削減に役立てよう!

安く電話をしたい

通話料金を安く抑えたいならIPフォンを利用しましょう。普通の電話回線に比べてかなり安い金額に魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。「でも本当に便利なの?」「デメリットはないの?」と心配な方もいるかと思います。そんな方に向けて、ここでは人気のIPフォンについて解説するとともに利用する際の注意点も確認していきます。

IPフォンで注意したいこと

  • 通話品質は大丈夫か
  • IPフォンから発信できない番号はないか
  • FAXを併用しないか
  • キャッチホンサービスが無くてもいいか
  • FAXを併用しないか
  • キャッチホンサービスが無くてもいいか

電話回線を必要としない

受話器

多くのオフィスには必要な設備が整っています。電話といえばビジネスに必要不可欠なので、電話回線が通っていないところはないでしょう。一般的な固定電話を利用するには電話回線が必要になり、通っていなければ別途工事などが必要になります。もしかすると電話回線がないところもあるかもしれません。IPフォンはIP回線を使って通話ができるサービスです。IP回線はインターネットをするときに使う回線で、光ファイバーやWifi回線などでも利用ができます。電話よりもインターネットの重要性が高まっているので、光回線を設置しているところは結構あり、それなら使うことができます。

パソコン機能との連動

顧客サービスとしてコールセンターなどを用意しているところは多いでしょう。顧客から電話がかかってきたら相手の名前などを聞き、必要に応じて対応をします。基本的には相手が出て名乗ってくれないとその情報が分からないので、担当者につなぐのに時間がかかるときもあります。IPフォンはネット回線を利用したサービスで、パソコン上でも回線情報を取得することができます。つまり電話がかかってきたとき相手の番号をパソコン上に表示させることができます。自分が受けるはずの相手からかかってきたのであればそれを見て電話に出ることができます。

広告募集中