中古車買取専門店が査定時に確認することは

中古車買取専門店が査定時に確認することは

中古車買取専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明するとどんな車種や色であるかの基本スペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。 (さらに…)

Read More

以前事故や故障を起こして修理などをしたことが

以前事故や故障を起こして修理などをしたことが

以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。ボディの傷などが軽くて、それに見合った修理がされているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。 (さらに…)

Read More

同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている

同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている

同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも手間はかかりますが売れないことはありません。売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。 (さらに…)

Read More
© 2021 TAC Ceramic | ScrollMe by AccessPress Themes